盗聴器発見相談室

今、盗聴器は誰でも簡単に入手する事が出来ます。
情報収集の道具としてまだまだニーズがある道具です。
しかし、一般的に出回っていると言う事はそれに対しての対策ももうすでにあると言う事です。

盗聴器の特質と種類

ご依頼の前に、盗聴器の事を知って頂く事が大切であると思います。
テレビや映画などで現実では有り得ない道具が出てくる事がありますが、
そんなもの現実にはありえないんだと言う事を知るだけで、
現在「盗聴をされているかもしれない」と危惧されている方でも、
精神的負担を軽減出来ることと思います。
まず、どんな特性、種類があるか知っておきましょう。

盗聴器発見調査料金

専門知識があり、経験がある調査員が発見調査を行います。
やはり、プロに調査してもらうのが一番安心であると考えます。
『アフターサービス』
一度盗聴されると「また盗聴されているんじゃないか?」と、
不安に感じるご依頼者様が多い為、当社では盗聴発見調査をご依頼頂いた場合、
ご依頼日より半年以内に再度無料盗聴発見点検調査を致します。
当社では盗聴器が取り付けられていた場合の取り外し料金も、すべて含まれております。
・基本調査としまして電話・室内盗聴の有無、盗聴器の取り外しが含まれます。
・ただし取り外しが困難な場合には別途料金がかかる事がありますが、
その際にはご相談させて頂きます。
電話の場合、電気業法で外せない場合が御座います。
・企業又は極端に広い場所の場合には「坪」で料金を計算させて頂きますのでお問合せの際には坪数をお知らせ下さい。

一律(4LDKまで)¥30,000 所要時間20分~部屋の広さによります。

ご自分で盗聴器を発見する方法
盗聴器も沢山出回っていますが、発見に対応する機器も沢山出回っています。
一般の方でも、しっかり勉強し、知識があればまったく不可能ではないと思います。
ご自身で出来る一般的な方法をご紹介致します。
ご参考になさって下さい。
※ご注意
最近では数千円などで「盗聴発見器」が販売されておりますが、
実際には家電製品の周波数にも反応してしまったり、
盗聴器に数センチと近づかなれば反応しなかったりします。
また限られた周波数にしか反応しない物がほとんどである為
ご自身で調査されて安心するのは危険です。
盗聴されているかもしれないと感じた場合には専門家にご相談されることをお勧め致します。

盗聴器周波数
世の中、電波があふれいます。限られた周波数帯域はかなり混みあっております。
タクシー、警察、消防・・・・。
よって、盗聴器で使用されている周波数も限られてきます。
一般的に使用されている盗聴器の周波数を掲載しております。
一般的に出回っている盗聴器は、ある程度使用周波数は限られているようです。

盗聴から身を守る方法
室内盗聴器の弱点は、情報を得たい部屋に「盗聴器を侵入させなくてはまりません」
まず侵入を防ぐ事である程度防衛は出来ると思います。
自己防衛の一般的な事例を掲載しております。
ご参考になさって下さい。

内閣総理大臣許可(一般 社団法人)
日本調査業協会加盟員

神奈川県調査業協会会員(登録1040号)
神奈川県公安委員会届出 第45110071号

0120-50-6063
info@fuyuzuki.jp

Copyright © FUYUZUKI

PAGE TOP